スイートルームに格安に泊まりたい!割引料金で宿泊予約するには?

普段は高くて泊まれない高級ホテルのスイートルーム。
結婚記念日や誕生日などの記念日、「今日プロポーズしたい!」という時には利用も!

しかし、高い部屋なら1泊10万円を簡単にオーバーするのがスイートルーム。
同じ部屋に泊まるのであれば、いくら特別な日でも料金は安い方がいいに決まっています。

そこで、スイートルームに格安・割引プランがあるホテル予約サイトをご紹介します!
スイートルームは部屋数が少ないので、お得なプランは早めの予約が必須です!

スイートルームを格安に予約できるサイトはこれ!

ホテルのスイートルームを格安に予約できるサイトです!

じゃらんnet

じゃらんnet」には「スイートルーム半額プラン」があります。
全てのホテルではありませんが、掲載プランは間違いなくお得!
この他にも、こだわり条件「特別室・離れ・スイート」で絞り込んで、スイートルーム割引プランを探すことができます。
また、「割引クーポン」を使っても安くなります!

 

 

一休.com

高級ホテル・高級旅館に限定したホテル予約サイト「一休.com」。
スイートルーム特集ページ」があり、50%OFFや直前割引のプランも。
また地域や宿泊日を指定して、スイートのプランに絞って探すことができます。
高級ホテルのスイートルームは、このサイトが探しやすいです。

 

楽天トラベル

楽天トラベル」にも「スイートルームの特集」ページがあります。
全国のスイートルームの割引プランを探すことができます。
当然、宿泊すれば楽天ポイントが貯まります!

 

 

JTB

大手旅行会社「JTB」でも、部屋タイプを「スイート」にして検索すると、スイートルームのプランのみを探すことができます。
早めに予約するなら安い早割プランがありますので、スイートルームにも格安に泊まれるかも!
割引クーポンを使ってもお得に宿泊できます。

 

近畿日本ツーリスト

近畿日本ツーリスト」では、地域等を絞った後に、こだわり条件で部屋タイプを「スイート」にすると、スイートルームの宿泊プランを探すことができます。
このサイトも早めの予約にはお得なプランが多いので、スイートルームの格安プランが探せるかもしれません。

 

以上がスイートルームの格安プランが探しやすいホテル予約サイトです。
この他にも、「エクスペディア」や「Hotels.com」などにもスイートルームのプランはありますが、限定して絞り込みができないので、上記のサイトの方が探しやすいです。
特に「スイートルーム半額プラン」などは必見です!

 

格安スイート宿泊プランの探し方

スイートルームの格安プランはどう探すと、お得に予約することができるのか?
次に、格安プランを上手に探す方法をご提案したいと思います。

「じゃらん」の半額プランがお得!

泊まるホテルは特に決まっておらず「スイートルームならどのホテルでもいい!」という方は、まず「半額プラン」から探しましょう!
「じゃらん」の「スイートルーム半額プラン」から探せば、必ず格安な割引宿泊プランが探せます。
「とにかく安く泊まれるスイートを!」という方も、半額プランから探してみましょう。

割引「クーポン」を利用する

ホテル予約サイトでは、それぞれ「クーポン」を発行しています。
割引額や使えるホテルが限定されることもありますが、これを利用するとお得!
元々の宿泊料金が高いスイートルームなら、1室10,000円~20,000円の割引も!

一休.comの「タイムセール」もお得!

半額プランに掲載されている以外のホテルを探したい時は、まず「一休.com」でスイートルームを探してみましょう!
その中に「タイムセール中」のスイートプランがあれば、ほぼ他のサイトより安く最安値であることが多いです。

「早割」を狙う!

もし早めの予約が可能なら、「早割」のプランを探すとお得です!
「早割」を探すなら、「JTB」と「近畿日本ツーリスト」がおすすめ!
早割プランが多く掲載されています。

泊まるホテルが決まっているなら料金比較を!

泊まりたいホテルが決まっている場合、半額プランにそのホテルの掲載がなければ、違う方法で探さなければなりません。
宿泊日が決まっていれば空室の有無を確認し、決まっていなければ空室がある日を探す必要があります。
各ホテル予約サイトでホテル名を指定してプランを絞り込み、スイートのプランを探します。
ホテルが決まっている場合、予約サイトによって料金が違うことがありますので、可能な限り多くのサイトで料金を比較することをおすすめします。

このような方法で探してみてはいかがでしょうか?
いずれにしても元の料金が高額なスイートルーム。
予約前にはいくつかのホテル予約サイトで料金を比較されることをおすすめします!