大阪-長崎|新幹線9つの格安チケットと【往復+ホテル】料金

新大阪-長崎で、新幹線+JRの料金が安くなる9つのチケットを紹介!

新幹線の料金は、同じ区間・同じ座席でも、購入するチケットによって全く違います。
新大阪-長崎では、新幹線+特急かもめ指定席通常料金より安くなる方法は全部で9つ。

そこで、この9つの「片道・往復の料金」と、「新幹線往復+ホテル1泊」の合計料金を比較!
この区間で、最も格安に新幹線に乗る方法がわかります

 

比較の結果、最も安いのはこれ!

 

【日本旅行】新幹線+宿泊プラン

新幹線往復+ホテルをネットで一緒に予約できる格安パック。
新大阪-長崎で利用すると、1人約11,500円~18,100円お得
このパックを利用すると、新幹線&JR指定席料金は片道約9,900円~13,200円
新幹線&JRで往復+宿泊するなら、合計料金はこれが最も格安です!

 

では、最初に、新大阪-長崎の新幹線+特急「かもめ」の通常料金を確認!
次に、この区間で利用できる9つの格安なチケットを、安い順にご紹介します。

 

【新大阪-長崎】新幹線+JR通常料金は?

新大阪-長崎の移動は、博多で山陽新幹線と特急「かもめ」を乗り継ぎます。
この区間で、券売機や駅の窓口で片道の通常きっぷ購入した価格は以下の通りです。

座席 大人 こども
指定席(のぞみ・みずほ指定席) 18,970円 9,480円
指定席(ひかり・こだま・さくら指定席) 18,650円 9,320円
自由席 17,590円 8,790円
グリーン車(のぞみ・みずほ) 26,110円 17,150円
グリーン車(ひかり・こだま・さくら) 25,790円 16,990円

(※指定席は繁忙期200円アップ、閑散期200円マイナス)

そして、この区間には、これより安くなる方法が7つあります

 

指定席・自由席が安くなる!9つの格安チケットとは?

新大阪-長崎の新幹線&JR料金は、この9つのどれかを使えば必ず安くなります。
その中でも、最も料金が安いのは?

1.新幹線+ホテルパック

まず、新幹線・JRで往復+宿泊する方は、一番安いのは新幹線+ホテルパック」。
ネットで利用するホテルと、往復の新幹線・JR特急の列車を選んで同時に予約!
チケットは出発までに、自宅へ無料宅配またはコンビニ等で受取り可。

これを利用した時、「新幹線+JR」指定席の片道料金は、実質9,900円~13,200円
通常きっぷで往復+1泊するより、1人約11,500円~18,100円安くなります。

メリット・デメリット

メリット デメリット
  • 一番安い!
  • 3日前まで予約OK
  • 新幹線・JRの両方を予約できる
  • チケットの受取りが楽
  • 列車の変更も可
  • 乗り遅れても後続自由席に乗れる(一部除く)
  • 直前の変更は不可
  • キャンセル手数料あり
  • 指定した列車より前の列車には乗れない

2.スーパー早特21

スーパー早特21」は、21日前までに予約をすると、本州~九州の料金がお得になる切符。
新幹線パックが利用できない、片道・往復のみの場合はこれが安いです。
e5489・JR九州ネット予約で購入できますが、席数に限りがあります。

新大阪-長崎は「スーパー早特21」を利用すると、新幹線指定席+特急「かもめ」指定席が11,200円

メリット・デメリット

メリット デメリット
  • 安い!
  • 子供料金の設定あり
  • 片道でも発行OK
  • 21日より前に予約が必要
  • 売り切れることもある
  • 設定除外日がある
  • 自由席の設定がなく、指定席のみ
【注意点】スーパー早特21で乗車できるのは、予約した列車・座席のみ。
乗り遅れた場合、後から発車する新幹線に振り替えることができません。(自由席も含む)
改めて切符を購入する必要があります。

3.スーパー早特きっぷ

新大阪-長崎でも使える、JR西日本ネット予約限定の早割が「スーパー早特きっぷ」。
新幹線パック・スーパー早特21が利用できない場合は、これが安いです。
新幹線・特急「かもめ」の普通車指定席利用で、新大阪-長崎の片道料金は13,100円
14日前までの購入が必要で、販売枚数に限りがあります。

メリット・デメリット

メリット デメリット
  • 1名だけで利用可
  • 安い!
  • カード決済可
  • 14日前までに予約が必要
  • 駅の窓口ではご購入できない
  • J-WESTネット会員登録が必要
  • 予約後の変更不可
  • 座席数に限りがある

 

4.大阪往復割引きっぷ

大阪往復割引きっぷ」は、九州各地から大阪市内までの料金が安くなる往復切符です。
料金は新幹線・特急「かもめ」のどちらも普通車指定席で、往復セットで28,820円

駅の窓口等で購入することができ、ネットでの購入は不可。
当日でも購入できますが、乗車前に座席指定手続きが必要です。

メリット・デメリット

メリット デメリット
  • 通年で利用できる
  • 指定列車の変更はに1回のみOK
  • 乗り遅れた場合、当日に限り後続の自由席に乗車可
  • インターネットでの販売なし
  • 長崎発のみで、大阪発は利用不可

 

5.EX早特

次にお得なのが、新幹線区間(のぞみ)のみ安くなる「EX早特」。
エクスプレス予約とスマートEX会員のみ、空席があれば、3日前まで予約できます。

「EX早特」で安くなるのは新幹線のみで、特急「かもめ」の切符は別途購入が必要。
新大阪-長崎では、「のぞみ+JR」の料金は、指定席が平日16,800円、土休日16,000円
年末年始・GW・お盆の期間中は利用できない日があります。

メリット・デメリット

メリット デメリット
  • 特に土休日が安い
  • 子供料金も安い
  • 3日前までは変更可
  • 払戻しは320円の手数料
  • 在来線は別途料金
  • 売り切れることもある
  • 設定除外日がある

 

6.eきっぷ

山陽・九州新幹線に格安に乗れる特急券「eきっぷ」。
e5489またはJR九州インターネット列車予約で購入でき、乗車券と同時に利用します。
新大阪-長崎の「eきっぷ」+乗車券料金は、指定席・自由席とも16,330円
往復割引乗車券を利用すれば、片道料金は15,200円です。
この特急券が購入できるのは、J-WESTカード会員とJQ CARD会員のみ。

メリット・デメリット

メリット デメリット
  • グリーン車や子供料金の設定あり
  • 当日に購入可能
  • J-WESTカード会員・JR九州インターネット列車予約のJQカード会員のみ
  • 安くなるのは特急券のみ(乗車券の割引なし)
  • 乗車券の購入が必要

 

7.学割

学生の場合、新幹線パック・EX早特が使えなくても、「学割」を使えばお得。

学校の教務課や学生課で、「学割証」を発行してもらうと、JRのみどりの窓口や旅行会社の窓口で学割乗車券が購入できます。
窓口での購入が必要で、インターネットや発券機で購入できません。

片道101km以上の区間では、学割のみ利用でき乗車券(運賃)が2割引。
片道601km以上の区間では、往復割引と学割が同時に適用されると、乗車券はさらに1割引。
新大阪-長崎は601キロ以上なので、往復割引が適用になり、学割と一緒に使うとお得

新大阪-長崎の料金は、学割の自由席が15,340円で、指定席が16,400円。
学割と往復割引の両方を利用すると、自由席が14,400円で、のぞみ・みずほ指定席が15,820円、ひかり・こだま・さくら指定席指定席が15,500円
学割+往復割引+eきっぷを利用すると、13,180円で最安値です。

年末年始・GW・お盆も利用できますが、新幹線・JRの指定席料金は400円アップします。

メリット・デメリット

メリット デメリット
  • 年間通して利用可
  • 当日でも購入可
  • 往復割引と同時利用OK
  • 学割証の発行が必要
  • 購入は窓口のみ

 

8.往復割引

上記のチケットが利用できない方は、「往復割引」がお得。
同一区間を往復で利用すると適用され、片道601km以上の区間で、乗車券(運賃)が往復とも1割引。
条件は、往復とも同一区間で、乗車券を往復まとめて買うこと。
(注:往復割引は、新幹線の特急料金には適用されません。)

片道601km以上の新大阪-長崎でも、条件を満たせば適用されます。
往復割引になった料金は、自由席が16,460円、のぞみ・みずほ指定席が17,840円、ひかり・こだま・さくら指定席指定席が17,520円

繁忙期は新幹線&JRで指定席は400円アップしますが、年末年始・GW・お盆も利用できます。

メリット・デメリット

メリット デメリット
  • 年間通して利用可
  • 会員登録の必要なし
  • 当日でも購入可
  • 割引は往復およそ2,300円
  • 片道では使えない

 

9.エクスプレス予約

新幹線パック・早特以外で安くなるのは「エクスプレス予約」。
JR東海・西日本が運用する会員制ネット予約サービスで、PCやアプリから新幹線の予約が可能!
エクスプレスカード・J-EWSTカード、または決済用に既に持っているクレジットカードも使えますが、年会費1,100円が別途必要です。

エクスプレス予約で予約できるのは新幹線のみで、在来線のきっぷは別途購入。
新大阪-長崎の「新幹線+JR」の料金は、指定席利用で18,290円。(在来線は自由席なら-530円)

往復に「EX予約サービス往復割引」を使うとさらに安く、新大阪-長崎の料金は指定席利用で17,110円。(在来線は自由席なら-530円)

エクスプレス予約は年末年始・GW・お盆も利用可能で、料金も同じです。

メリット・デメリット

メリット デメリット
  • 年間通して割引料金
  • ポイントでグリーン車利用可
  • 変更は何度でもOK
  • 「早特」はさらに安い
  • 安いのは新幹線のみ
  • 新規はすぐ利用できない
  • 年会費が1,100円
  • 払戻しは320円の手数料

 

新大阪-長崎の新幹線&JR料金は、この9つのチケットで安くなります!

 

料金を【最安値】にするポイント!

これまでの話をまとめると・・・

  1. 新幹線・JR「往復と宿泊」では、最安値は「新幹線ホテルパック」。
  2. 新幹線・JRのみ場合、安いのは21日前までは「スーパー早特21」、14日前までは「スーパー早特きっぷ」。
  3. 学割以外で、次に安いのは往復で「大阪往復割引きっぷ」、片道で「EX早特」。

 

【新大阪-長崎】新幹線&JRの片道・往復料金を比較!

新大阪-長崎では、大きく分けて7つのチケットで新幹線料金が安くなります。
しかし、ご紹介したように、料金はさらに細かく分かれますが・・・。
これを全部まとめて比較すると、使えるチケットの片道・往復料金は以下の通り。

チケット名 片道 往復
通常料金(のぞみ・みずほ指定席) 18,970円 37,940円
通常料金(ひかり・こだま・さくら指定席) 18,650円 37,300円
通常料金(自由席) 17,590円 35,180円
エクスプレス予約+かもめ指定席 18,290円 36,580円
往復割引のぞみ・みずほ指定席 17,840円 35,680円
往復割引ひかり・こだま・さくら指定席 17,520円 34,220円
EX予約サービス往復割引+指定席 17,110円 35,040円
EX早特(平日)+指定席 16,800円 33,600円
学割のぞみ・みずほ指定席 16,720円 33,440円
往復割引自由席 16,460円 32,920円
学割ひかり・こだま・さくら指定席 16,400円 32,800円
eきっぷ+乗車券 16,330円 32,660円
EX早特(土休日)+指定席 16,000円 32,000円
学割+往復割引のぞみ・みずほ指定席 15,820円 31,640円
学割+往復割引ひかり・こだま・さくら指定席 15,500円 31,000円
学割自由席 15,340円 30,680円
eきっぷ+往復割引 15,200円 30,400円
学割+往復割引自由席 14,440円 28,880円
大阪往復割引きっぷ(長崎発:往復28,820円) 14,410円 28,820円
学割+eきっぷ 14,080円 28,160円
学割+往復割引+eきっぷ 13,180円 26,360円
スーパー早特きっぷ 13,100円 26,200円
新幹線パック(1人) 13,200円 26,400円
新幹線パック(2人) 11,900円 23,800円
スーパー早特21 11,200円 22,400円
新幹線パック(2人こだま) 9,900円 19,800円

このように、新幹線の料金は、使うチケットによって変わります。
その中でも、新大阪-長崎で新幹線に最も格安に乗れるのは新幹線パックです

往復+ホテル1泊」で合計料金を比較すると、いかに安いかがわかります!

 

【新幹線&JR】往復+ホテル1泊料金を比較!

新大阪-長崎の移動は、新大阪~博多は新幹線、博多~大分は特急「かもめ」を利用します。
到着まで計4.5時間ほどでかかりますし、できれば泊まりで行きたいですよね。

それなら、「新幹線往復+1泊」の料金を比較しておきたいところです。

では、1泊5,900円で宿泊する場合、往復チケット+ホテル1泊の合計料金は?
その中で、新幹線パックはどれぐらいお得なのでしょうか?

名古屋~博多は新幹線、博多~大分は特急「かもめ」で往復し、同じホテルに宿泊した料金を分かりやすく表にまとめました。

往復チケット名 往復+ホテル1泊 差額
通常料金(のぞみ・みずほ指定席) 43,840円 0円
通常料金(ひかり・こだま・さくら指定席) 43,200円 -640円
通常料金(自由席) 41,080円 -2,760円
エクスプレス予約+かもめ指定席 42,480円 -1,360円
往復割引のぞみ・みずほ指定席 41,580円 -2,260円
EX予約サービス往復割引+指定席 40,120円 -3,720円
往復割引ひかり・こだま・さくら指定席 40,940円 -2,900円
EX早特(平日)+指定席 39,500円 -4,340円
学割のぞみ・みずほ指定席 39,340円 -4,500円
往復割引自由席 38,820円 -5,020円
学割ひかり・こだま・さくら指定席 38,700円 -5,140円
eきっぷ+乗車券 38,560円 -5,280円
EX早特(土休日)+指定席 37,900円 -5,940円
学割+往復割引のぞみ・みずほ指定席 37,540円 -6,300円
学割+往復割引ひかり・こだま・さくら指定席 36,900円 -6,940円
学割自由席 36,580円 -7,260円
eきっぷ+往復割引 36,300円 -7,540円
学割+往復割引自由席 34,780円 -9,060円
大阪往復割引きっぷ(長崎発:往復28,820円) 34,720円 -9,120円
学割+eきっぷ 34,060円 -9,780円
学割+往復割引+eきっぷ 32,260円 -11,580円
スーパー早特きっぷ 32,100円 -11,740円
新幹線パック(1人) 32,300円 -11,540円
新幹線パック(2人) 29,700円 -14,140円
スーパー早特21 28,300円 -15,540円
新幹線パック(2人こだま) 25,700円 -18,140円

このように比較すると、「新幹線パック」が抜群に安いのがわかります!

通常きっぷで往復するより、1人でのぞみを利用しても11,000円以上お得!
2人でこだまを利用するとさらに安く、18,000円以上もお得になります!
往復+ホテルをこれから予約する方は、これ以上の選択肢はありませんね。

 

「往復+ホテル」が最も安いのはこれ!

 

【日本旅行】新幹線+宿泊プラン

新幹線・JR往復+ホテルをネットで一緒に予約できる格安パック。
新大阪-長崎で利用すると、1人約11,500円~18,100円お得
このパックを利用すると、指定席料金は片道約9,900円~13,200円
新幹線&JRで往復+宿泊するなら、合計料金はこれが最も格安です!

 

【大阪-長崎】格安なチケットの選び方!

では、新大阪-長崎では、いつどんなチケットを選ぶと得なのか?
もう少し詳しく、各チケットをご紹介しましょう。

年末年始・GW・お盆に安いのは?

この期間中に使えないのは「スーパー早特21」。
年末年始・GW・お盆に最も安いのは「EX予約サービス(往復割引)」です。(学割除く)

往復+宿泊する場合、2人以上なら新幹線パックを早めに予約すると、1人当たり29,700円とさらに安いです。

「早割」で安くなる?

新大阪-長崎で、21日前までに買うとお得なのが「スーパー早特21」。

次に安いのは「スーパー早特きっぷ」で、購入できるのは、14日前まで
次にお得なのが「EX早特」で、空席があれば3日前まで予約できます。

そして、それ以上に安いのが「新幹線パック」。
3日前まで予約でき、2ヶ月以上前から申込み可能です。

当日・前日など、直前に予約して安いのは?

当日・前日など、特に安い「スーパー早特21」や「スーパー早得きっぷ」、「新幹線パック」は使えません。

往復を予約するなら、安いのは「大阪往復割引きっぷ」で14,410円
エクスプレス予約も当日の予約が可能で、18,290円、「EX予約サービス(往復割引)」は17,110円です。

片道は飛行機を利用する場合に安いのは?

新大阪-長崎で、21日より前に予約するなら、片道料金が最も安いのは「スーパー早特21」。
新幹線・特急指定席で片道料金は11,200円。

次に安いのは「スーパー早特きっぷ」で、13,100円。

3日前までなら、次に安いのは「EX早特」で、平日なら16,800円、土休日なら16,000円で、スマートEXならすぐ予約できます。
また、飛行機も、片道のみ利用するなら、早割を利用すると安いです。

自由席も安くなる?

自由席は学割や往復割引で安くなります。

しかし、それよりも、指定席の方が安いチケットが多いです。
学生が「学割・往復割引」を同時に利用すると安いですが、それでも「スーパー早特21」「スーパー早特きっぷ」や「新幹線パック」で指定席に乗った方が安いです。

自由席は学割で安くなりますが、それよりも、指定席の方が安いチケットが多いです。
学生が「学割」を利用すると安いですが、それでも「EX早特」や「新幹線パック」で指定席に乗った方が安いです。

 

グリーン車も格安に乗れる!

新大阪-長崎では、グリーン車にも安く乗れるのか?

名古屋-大分でグリーン車が安くなるのは、往復割引・eきっぷと、エクスプレス予約(新幹線のみ)。
片道料金と「往復+1泊5,900円」の合計料金を比較して、分かりやすく表にまとめました。

グリーン車 片道 往復+ホテル1泊
通常料金(のぞみ・みずほ指定席) 26,110円 58,120円
通常料金(ひかり・こだま・さくら指定席) 25,790円 57,480円
エクスプレス予約(新幹線) 24,760円 55,420円
往復割引のぞみ・みずほ指定席 24,980円 55,860円
往復割引ひかり・こだま・さくら指定席 24,660円 55,220円
EX予約サービス往復割引+グリーン車 23,580円 53,060円
eきっぷ+乗車券 23,230円 52,360円
eきっぷ+往復割引 22,100円 50,100円
EX早特(平日)+グリーン車 21,540円 48,980円
EX早特(土休日)+グリーン車 20,740円 47,380円

新大阪-長崎でグリーン車が安くなるのは、往復割引・eきっぷと、山陽新幹線でエクスプレス予約になります。

子供料金も安くなる!

小学生の子どもは、指定席・自由席とも子供料金で乗ることができます。
子供料金は大人の半額で、乳幼児は自由席なら基本的には無料です。

そして、子供料金も利用するチケットによって、料金が異なります。
新大阪-長崎の片道・往復料金は以下の通り。

子供料金 片道 往復
通常料金(のぞみ・みずほ指定席) 9,480円 18,960円
通常料金(ひかり・こだま・さくら指定席) 9,320円 18,640円
通常料金(自由席) 8,790円 17,580円
エクスプレス予約(新幹線) 9,140円 18,280円
往復割引のぞみ・みずほ指定席 8,910円 17,820円
往復割引ひかり・こだま・さくら指定席 8,750円 17,500円
EX早特(平日)+指定席 8,400円 16,800円
EX予約サービス往復割引+指定席 8,280円 16,560円
往復割引自由席 8,220円 16,440円
eきっぷ+乗車券 8,160円 16,320円
EX早特(土休日)+指定席 8,000円 16,000円
eきっぷ+往復割引 7,590円 15,180円
スーパー早特きっぷ 6,540円 13,080円
新幹線パック(のぞみ) 6,050円 12,100円
スーパー早特21 5,590円 11,180円
新幹線パック(こだま) 5,050円 10,100円

新大阪-長崎を、家族で往復してホテルに宿泊するなら、子供料金も最も安いのは新幹線パック。

家族旅行で利用する時には、大人料金との合計も一番安いので、新幹線パックを使えば最安値で家族旅行に行くことができます