大阪~福岡 | 新幹線・飛行機【料金】を比較!どちらが格安?

大阪~福岡は、新幹線・飛行機のどちらが安くて早いのか?

大阪~福岡(博多)の移動方法は、新幹線・飛行機なら以下の3通りの方法があります。

  1. 山陽新幹線で新大阪駅~博多駅
  2. 伊丹空港(大阪国際空港)~福岡空港で飛行機
  3. 関空(関西国際空港)~福岡空港で飛行機

新大阪駅を出発し、福岡の博多駅まで行くにはどの方法が最も早くて安いのか?
新幹線・飛行機の時間と料金を比較しました。

 

飛行機なら安いのはこれ!

エクスペディア(航空券+ホテル)

関空~福岡のピーチ・ジェットスター航空券+ホテルの同時予約が格安!
LCC航空券・ホテル料金は格安で、同時予約でさらに割引になり、飛行機の料金は最安値に!
空席があれば料金は抜群に安く、前日でも予約可能です。

 

新幹線ならこれが安い!

【日本旅行】JR+宿泊セットプラン

往復新幹線とホテルを同時にネット予約することができる新幹線パック。
これを利用するだけで新大阪~博多間の新幹線料金は格安!
特に「のぞみ」利用が安く、予約したチケットは自宅への郵送。
往復・宿泊の旅行費用で考えると、新幹線ならこれが最もお得です。

 

では、大阪~福岡の時間・料金の比較結果を詳しくご紹介しましょう。
まずは、所要時間の比較から!

所要時間の比較

1.新幹線

新大阪駅から博多駅まで、山陽新幹線「のぞみ」で約2時間30分。
「みずほ」「さくら」の所要時間はあまり変わりませんが、「こだま」を利用すると4時間30分以上かかります。

2.伊丹空港経由

新大阪駅から伊丹空港まではリムジンバスを利用して約30分。
空港到着後、搭乗手続きや移動時間で約50分。
伊丹~福岡空港のフライト時間は約1時間20分。
空港到着後、地下鉄までの移動時間と地下鉄での移動時間を含めて約20分。
合計すると180分(3時間)。

3.関空経由

新大阪駅から関空までは、特急「はるか」で約50分。
LCC搭乗のための移動時間と搭乗手続き時間に約60分。
フライト時間は約1時間20分、空港到着後、地下鉄で移動するのに約20分。
全てを合計すると210分(3時間30分)。

移動時間自体はもちろん飛行機が早いですが、空港までの移動時間を考えると、大阪~福岡では新幹線を利用するのが最も早く移動することができます。

大阪~福岡(博多)の新幹線料金はどうすれば安くなる?

大阪~福岡(博多)の新幹線料金はどうすれば安くなるのか?

新大阪~博多間の料金は、「のぞみ」「みずほ」指定席で15,310円です。
この料金は以下の方法で安くすることができます。

■通常きっぷ…のぞみ・みずほ15,310円、さくら・こだま15,000円
■往復割引…のぞみ・みずほ14,340円、さくら・こだま14,030円
■自由席…14,490円(往復割引で13,510円)
■新幹線大阪往復割引きっぷ(博多発)…往復26,940円(片道13,470円)
■eきっぷ…13,240円
■スーパー早特きっぷ…10,290円
■新幹線パック…9,000円台~11,000円台(こだま7,000円台~)

新大阪~博多間の新幹線料金は、以上の方法で安くなります。
スーパー早特きっぷなど安い割引きっぷもありますが、往復+宿泊での新幹線旅行なら、最も安いのは新幹線パックです。

例えば、のぞみ指定席の通常きっぷを駅で購入し、1泊5,000円のホテルに泊まると合計35,620円かかります。
しかし、これを新幹線パックで予約すると、1人26,300円なので9,320円安くなります。
さらに、同じパックを2人以上で利用すると、1人24,300円なので2人で22,640円安くなります。

 

おすすめの格安新幹線パック

【日本旅行】JR+宿泊セットプラン

大阪~福岡の新幹線料金が安くなる格安パック。
列車・ホテルの選択肢も多いのでおすすめ!
新大阪~博多間では「のぞみ」利用の料金も安く、特に2人以上で予約する料金は格安です。

 

大阪~福岡の飛行機料金を安くするには?

大阪~福岡の飛行機料金はどうすれば安くなるのか?

大阪~福岡を飛行機で移動するには、伊丹空港(大阪国際空港)経由でJAL・ANAを利用する方法と、関空(関西国際空港)経由でANAかLCCピーチ・ジェットスターを利用する方法があります。
伊丹~福岡ではJAL・ANAで10便、関空~福岡では6便が運航。

飛行機の料金は、早割・格安航空券などでも安くなりますが、大阪~福岡の場合、LCCを利用すると料金は最も安くなります。

■普通運賃…24,600円
■往復割引…22,300円
■早割…8,000円台~15,000円台
■格安航空券…10,000円台~15,000円台
■飛行機パック…9,000円台~12,000円台
■LCC航空券・パック…3,000円台~16,000円台

1ヶ月以上前に購入する早割航空券や1週間以上前に予約する飛行機パックも安いですが、極めて安いのはLCCの料金。

例えば、1泊5,760円のホテルに泊まるLCCパックで往復・1泊した料金は14,254円。
この時の片道航空券の料金は4,000円台という激安料金です。

 

LCCパックはこれが格安です!

エクスペディア(航空券+ホテル)

ジェットスター・ピーチなどのLCC航空券+ホテルのツアーが格安!
航空券・ホテルを同時に予約すると、さらに割引になる格安ツアーが完成します。

なお、JAL・ANAのパックなら、じゃらんパックや楽天トラベルも割引クーポンで安くなります。

大阪~福岡の新幹線・飛行機をパックで比較!

新大阪~博多の新幹線料金は、新幹線パックを利用すると最も安くなります。
大阪~福岡を飛行機で移動するなら、LCCが最も安いですが、飛行機パックでも安くなります。

では、大阪~福岡では、新幹線パック・飛行機パック・LCCパックのどれが安いのか?
この比較をしますが、飛行機パックには空港までのアクセス費用を加算しなければなりません。

新大阪~伊丹空港はバスで片道500円
新大阪~関空は特急はるか往復割引きっぷで往復3,700円
福岡空港~博多駅は地下鉄で片道260円

この料金を合わせてパック料金を比較してみましょう!

往復方法 1週間以上前 1週間以内の直前予約
新幹線パック(1人) 26,000円 26,500円
新幹線パック(2人) 23,800円 24,300円
飛行機パック 25,220円 30,520円
LCCパック(成田発) 18,474円 22,913円

伊丹・関空経由のJAL・ANA飛行機パックは、出発1週間前を過ぎて予約すると料金がアップします。
1週間以上前と、それ以降の直前予約の2通りで料金を比較しました。

同じ日程同じホテルに泊まるパックでも、往復の交通手段によって料金が変わります。
この大阪~福岡では、まずLCCを利用するのが安いです。
特に往復・宿泊する方は、「エクスペディア(航空券+ホテル)」でピーチを利用するパックを予約すると安いです。

LCCを除けば、予約する時期を問わず安定して格安なのは「新幹線パック」。
実際の移動時間を短くしたい方、空港まで行くのが面倒な方は新幹線パックがおすすめ。
フライト数が少ないLCCに比べて、新幹線は列車の本数が多いので便利です。