大阪~長崎 | 新幹線・飛行機【料金】を比較!どちらが格安?

大阪~長崎では、新幹線と飛行機のどちらが早くどちらが安いのか?

大阪と長崎の移動方法は以下の3通りがあります。

  1. 山陽新幹線(新大阪~博多)と特急(博多~長崎)を乗り継ぎ
  2. 大阪国際空港(伊丹)~長崎空港で直行便を利用
  3. 関西国際空港(関空)~長崎空港で直行便を利用

この3つの移動方法で、新幹線・飛行機の片道料金を比較。
そして、往復&宿泊の合計料金を比較しました。

 

飛行機なら安いのはこれ!

エクスペディア(航空券+ホテル)

関空~長崎のピーチ航空券+ホテルの同時予約が格安!
LCC航空券・ホテル料金は格安で、同時予約でさらに割引になり、飛行機の料金は最安値に!
空席があれば料金は抜群に安く、前日でも予約可能です。

 

新幹線+JRならこれが安い!

【日本旅行】JR+宿泊セットプラン

往復新幹線&JRとホテルを同時にネット予約することができる新幹線パック。
これを利用するだけで新大阪~長崎間のJR・新幹線料金は格安!
特に「のぞみ」利用が安く、予約したチケットは自宅への郵送。
往復・宿泊の旅行費用で考えると、新幹線ならこれが最もお得です。

 

では、大阪~長崎で時間・料金を比較した結果について詳しくご紹介しましょう。
まずは、新大阪駅を出発し長崎駅へ到着するまでの所要時間。

大阪~長崎の所要時間

1.新幹線&特急

大阪~長崎間を新幹線・JRで移動するなら、博多で新幹線と特急を乗り継ぎます。
山陽新幹線「のぞみ」で新大阪から博多までは約150分。
博多駅での乗継時間が約15分、博多から長崎まで特急「かもめ」で約120分。
合計すると285分(4時間45分)。

2.伊丹空港~長崎空港

大阪国際空港(伊丹)から長崎空港までの直行便を利用すると…
新大阪駅から伊丹空港までは、空港リムジンバスを利用して約30分。
空港内の移動時間と搭乗手続き時間で約50分、フライト時間は約1時間15分。
長崎空港到着後、バスまでの移動に15分、バスで長崎駅までは約45分。
全て合計すると215分(約3時間35分)。

3.関空~長崎空港

関西国際空港(関空)から長崎空港までLCCを利用すると…
新大阪駅から関空までは、特急「はるか」で約50分。
LCC(ピーチ)搭乗のための移動時間と搭乗手続き時間に約60分。
フライト時間は約1時間15分、バスまでの移動とバスでの移動時間が60分。
合計で230分(約3時間50分)。

大阪~長崎は新幹線を利用するよりも飛行機の方が早く移動することができます。

大阪~長崎の新幹線料金を安くするには?

新幹線・JRを利用して大阪~長崎を移動する時、料金はどうすれば安くなるのか?

新大阪~長崎の料金は、博多まで「のぞみ」、博多から「特急かもめ」を利用して指定席片道18,610円。
この料金は下記の方法で安くすることができます。

■通常きっぷ…のぞみ・みずほ18,610円、さくら・こだま18,300円
■往復割引…のぞみ・みずほ17,500円、さくら・こだま17,190円
■自由席…17,270円(往復割引で16,160円)
■長崎佐世保フリーきっぷ…往復30,340円
■(長崎発)大阪往復割引きっぷ…往復28,300円
■eきっぷ…16,030円
■スーパー早特きっぷ…12,860円
■新幹線パック…11,000円台~14,000円台(こだま9,000円台~)

大阪~長崎の新幹線・JR料金は、以上の方法で安くすることができます。
この内、1人での往復は「スーパー早特きっぷ」(14日前までに予約が必要)ですが、2人での往復なら最も安いのは新幹線パックです。

例えば、新大阪~長崎を通常きっぷで往復すると37,220円かかります。
さらに、1泊5,000円で宿泊すると、合計で42,220円かかります。

ところが、これを新幹線パックで予約すると、1人34,100円なので8,000円以上安くなります。
しかも、2人以上で予約すると1人分の料金が28,600円になり、1人13,000円以上安くなります。

 

おすすめの格安新幹線パック

【日本旅行】JR+宿泊セットプラン

大阪~長崎の新幹線+JR料金が安くなる格安パック。
列車・ホテルの選択肢も多いのでおすすめ!
新大阪~長崎間では「のぞみ」利用の料金も安く、特に2人以上で予約する料金は格安です。

 

大阪~長崎の飛行機料金を安くするには?

大阪~長崎の飛行機料金はどうすれば安くなるのか?

大阪~長崎で飛行機を利用するなら、伊丹空港からJAL・ANAの直行便、または関空からLCCピーチの直行便を利用します。
伊丹空港からは2社で1日7便、関空からは1便の運航があります。

飛行機の料金は、早割航空券を早く購入する他、飛行機パックを1週間以上前に予約すると安くなりますが、大阪~長崎の場合、関空発着のLCCピーチを利用すると安くなります。

■普通運賃…28,800円
■往復割引…26,300円
■早割…10,000円台~22,000円台
■格安航空券…13,000円台~22,000円台
■飛行機パック…9,000円台~12,000円台
■LCC航空券・パック…4,000円台~7,000円台

早割は飛行機パックを利用するのも安いですが、LCCを利用すると最も安いです。

例えば、1泊5,160円のホテルに泊まるLCCパックの料金は、往復+1泊で14,545円。
宿泊費を除いて片道料金を計算すると、片道の平均は4,000円台です。

 

LCCパックはこれが格安です!

エクスペディア(航空券+ホテル)

ジェットスター・ピーチなどのLCC航空券+ホテルのツアーが格安!
航空券・ホテルを同時に予約すると、さらに割引になる格安ツアーが完成します。

なお、JAL・ANAのパックなら、じゃらんパックや楽天トラベルも割引クーポンで安くなります。

大阪~長崎の新幹線・飛行機料金をパックで比較!

大阪~長崎を新幹線・JRで往復するなら、新幹線パックの料金が最も安いです。
飛行機の往復も、LCCを含む飛行機パックを利用すると安くなります。

では、大阪~長崎では、新幹線パック・飛行機パック・LCCパックのどれが安いのか?
まとめて比較したいと思います。

新大阪~伊丹空港はバスで片道500円
新大阪~関空は特急はるか往復割引きっぷで往復3,700円
長崎空港~長崎駅はバスで片道900円

この料金を合わせてパック料金を比較してみましょう!

 

往復方法 1週間以上前 1週間以内の直前予約
新幹線パック(1人) 34,700円 34,700円
新幹線パック(2人) 29,200円 29,200円
飛行機パック 31,300円 41,000円
LCCパック(関空発) 22,202円 20,045円
LCCパック(2泊) 27,250円 26,850円

JAL・ANAの飛行機パック料金は、出発1週間より直前に予約するとアップしますので、その前後で料金を比較しました。

同じ日程、同じホテルに宿泊する「往復+1泊」の料金に空港までのアクセス費用を合計して比較しても、関空発着のLCCパックが最も安いです。
しかし、関空~長崎のLCCは1日1便しか運航がないため、ゆっくり観光できる2泊旅行の費用も比較しました。
LCCを利用すれば、2泊でも他のパックより安くなりますので、往復・宿泊する方は、「エクスペディア(航空券+ホテル)」でピーチを利用するパックを予約すると安いです。

LCCを除けば、予約する時期を問わず格安なのは「新幹線パック」です。