東京~大阪 | 新幹線・飛行機【料金】を比較!どちらが格安?

東京~大阪の移動は、新幹線・飛行機のどちらが格安なのか?

新幹線・飛行機なら東京~大阪の移動手段は3つあります。

  1. 東海道新幹線で東京駅・品川駅から新大阪駅へ
  2. 羽田空港から伊丹空港へ飛行機
  3. 成田空港から関西国際空港へ飛行機

この3つの移動手段で、所要時間も気になるところですが、やはり気になるのは料金!

そこで、東京~大阪の新幹線料金と飛行機料金を比較。
片道料金の比較はもちろん、「往復+宿泊」の旅行費用を含めて比較します。

 

東京~大阪を新幹線ならこれが安い!

日本旅行「新幹線+宿泊」プラン

東京~大阪の新幹線料金が最も安いのはこの新幹線パック。
往復新幹線とホテルを同時予約すると、料金は1人8,000円以上お得!
利用する新幹線は「のぞみ」で、列車・ホテルの選択肢も多数!
ネット予約したチケットは出発までに自宅に届きます。

 

東京~大阪では、新幹線・飛行機のどちらが早くて安いのか?
まずは、所要時間の比較から。

東京~大阪の所要時間を比較

新幹線の所要時間

東京駅から新大阪駅までは東海道新幹線「のぞみ」で最速2時間22分。
「ひかり」を利用すれば約3時間、「こだま」なら約4時間。

飛行機(羽田~伊丹)の所要時間

東京駅を出発し羽田空港~伊丹空港から新大阪駅までの時間で比較すると…
東京駅から羽田空港へは、浜松町または品川経由で約30分。
空港到着後の搭乗手続き・徒歩移動時間が約50分。
羽田空港~伊丹空港のフライト時間は約1時間10分。
空港到着後、リムジンバスに乗るまでの時間が15分、新大阪駅までバスでの移動時間が30分。
全て合計すると、実際の移動時間は約195分(3時間15分)。

飛行機(成田~関空)の所要時間

東京駅から成田空港まではバスで約1時間15分。
成田空港到着後、移動と搭乗手続き等で60分。
成田~関空のフライト時間は約1時間35分。
空港到着後、特急「はるか」に乗るまでの時間が約20分、移動時間が約50分。
全てを合計すると約300分(5時間)。

東京~大阪を早く移動することができるのは、片道2時間22分の新幹線。
では、料金が安いのは?

東京~大阪の新幹線料金を安くするには?

東京~大阪の新幹線料金は、どうすれば安くすることができるのか?

東京~新大阪は「のぞみ」普通車指定席で移動すると片道14,450円。
この料金はいくつかの方法で安くすることができます。

■のぞみ通常きっぷ…指定席14,450円、自由席13,620円
■ひかり・こだま…指定席14,140円
■スマートEX…14,250円(早特12,340円)
■エクスプレス予約…13,370円(早特12,340円)
■ぷらっとこだま…10,500円
■新幹線パック…8,000円台~9,000円台

東京~大阪の新幹線料金は、このような方法で安くすることができます。
往復・宿泊の新幹線旅行や出張では、新幹線の料金が最も安いのは「新幹線パック」。

例えば、新幹線の通常きっぷで往復し1泊7,200円のホテルに泊まると合計36,100円かかります。
しかし、これと同じ新幹線・ホテルを新幹線パックで予約すると、往復・1泊の合計は26,400円。
新幹線パックを利用するだけで、1人9,700円安くすることができます。

 

おすすめの格安新幹線パック

【日本旅行】JR+宿泊セットプラン

東京~大阪の新幹線料金が安くなる格安パック。
列車・ホテルの選択肢も多いのでおすすめ!
東京・品川~新大阪間では「のぞみ」「ひかり」「こだま」の選択が可能で料金は格安です。

 

東京~大阪の飛行機料金を安くするには?

東京~大阪の飛行機料金はどうすれば安くなるのか?

東京~大阪を飛行機で移動するには、羽田空港から伊丹空港(大阪国際空港)までJAL・ANAの直行便を利用する方法と、成田から関空(関西国際空港)へLCCピーチ・ジェットスターを利用する方法があります。
羽田~伊丹ではJAL・ANAで1日に30便、成田~関空ではジェットスター・ピーチ8便が運航。

飛行機の料金は、早割・格安航空券などでも安くなりますが、東京~大阪の場合、LCCか飛行機パックを利用すると料金は安くなります。

■普通運賃…27,890円
■往復割引…24,290円(シャトル往復割引16,740円)
■早割…8,000円台~15,000円台
■格安航空券…10,000円台~16,000円台
■飛行機パック…7,000円台~10,000円台
■LCC航空券・パック…6,000円~8,000円台くらい

飛行機の料金が安くなるのは、LCCと1週間以上前に予約する飛行機パック。
JAL・ANAの飛行機パックも安く、1泊7,500円のホテルに泊まった往復・1泊の料金は21,600円なので、片道料金を計算すると7,000円台。
また、LCCパックを利用すると、往復・1泊で19,554円なので、片道の料金は6,000円台になります。

 

LCCパックはこれが格安です!

エクスペディア(航空券+ホテル)
ジェットスター・ピーチなどのLCC航空券+ホテルのツアーが格安!
航空券・ホテルを同時に予約すると、さらに割引になる格安ツアーが完成します。

なお、JAL・ANAのパックなら、じゃらんパックや楽天トラベルも格安です。

 

東京~大阪の新幹線・飛行機料金をパックで比較!

東京~大阪の新幹線料金は、新幹線パックを利用した時に最も安くなります。
飛行機の料金も、LCCや飛行機パックを利用すると安くなります。

では、東京~大阪では新幹線パック・飛行機パック・LCCパックのどれが安いのか?
新幹線・飛行機の往復+1泊料金の合計で比較してみましょう!
そかし、その前に、LCC・飛行機パックには空港までのアクセス費用を加算しなければなりません。

東京駅~羽田空港はJR・モノレールで片道650円
伊丹空港~新大阪はバスで片道500円
東京駅~成田空港はバスで片道900円
関空~新大阪は特急はるか往復割引きっぷで往復3,700円

この料金を合わせてパック料金を比較してみましょう!

新幹線or飛行機パック 1週間以上前の予約 直前予約
新幹線パック 26,800円 26,400円
飛行機パック 23,900円 30,200円
LCCパック 25,054円 25,054円
JAL・ANA飛行機パックは、出発1週間前より後に予約すると料金がアップします。
そこで、1週間以上前とそれ以降の直前予約の2つで料金を比較しました。

空港までのアクセス費用を含めて比較しても、安いのは1週間以上前に予約する飛行機パック。
空港までの料金に差額があるため、成田~関空でLCCを利用するよりも羽田~伊丹でJAL・ANAパックを利用した方が安いです。

ただし、JAL・ANAの飛行機パックは1週間以内の直前予約は安くなく、「新幹線パック」を利用した方が安いです。